チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二重焼きってなぁに?

昨日、広島県出身、飯南町在住のお友達より

「二重焼きあげる」と「二重焼き」なるものをいただきました。

「二重焼き」??????

と袋の中を見ると、そこには「今川焼き」が入っていました。


おっと?飯南町に引っ越してきて約3年になりますが

「二重焼き」は初めて聞きました。


例のごとく「検索病」の血が騒ぎましたので、もちろん検索!


日本全国で色々な呼び方があるということがわかりました。

島根県では、二重焼きとか大判焼き

広島県では、二重焼き・大判焼・太鼓饅・回転饅頭・びっくり饅頭・ふうまん

東京育ちの私は、今川焼と呼んでいます。

詳しくは⇒コチラ


学生の頃、習い事や学校の帰りにあんこやクリームの他に

チョコレートとかチーズ味のものをよく歩きながら食べながら帰っていました。

「今川焼き」にはそんな懐かしい思い出がたくさんあります。


でも「二重焼き」には思い出がないので

これから どんどん「二重焼き」とともに飯南町の思い出をたくさん作っていかないと。


それにしても、まだまだ知らないことだらけ。

日々勉強!


初の「二重焼き」ごちそうさまでした!



スポンサーサイト
  1. 2014/03/18(火) 09:10:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

万次郎かぼちゃ①

これは「万次郎かぼちゃ」です。

万次郎かぼちゃ

ネットで調べてみると

熊本のくまもん とともに万次郎かぼちゃが出てきますが

い~にゃんの飯南町でも栽培している方がいらっしゃいます。 



ラグビーボールのような楕円形で大きさもそれぐらい。


私の愛する産直市で 甘いカボチャが欲しいとスタッフさんに言ったら

万次郎かぼちゃをすすめてもらいました。


こんなに大きいのを消費できるかな

皮は、かぼちゃだから固いだろうな

切れるかな

縦に切るか、横に切るか

と色々悩みましたが、かぼちゃは日持ちするので

購入!


万次郎かぼちゃ


結局、縦に切ってみました。

包丁の長さよりも万次郎かぼちゃの方が長いのですが

包丁を入れてみたら皮がやわらかいので

予想以上に簡単に切ることができました。


実は滑らかです。

マンゴー以上に黄色、いや橙色で

果肉をさわると手がオレンジ色に染まってしまうぐらい

濃い~~感じです。


私が求めていたかぼちゃの甘味なんですが

完熟したものは糖度は24度にもなるそうで

(完熟したバナナ並みです!)

十分すぎる!


ということで

こんな感じで冷製ではなく、あったかいかぼちゃのスープを作りました。

万次郎かぼちゃ


甘い!

とっても甘いので追加の砂糖は不要です♪


かぼちゃはたくさんあるので

翌日の朝の分も作ってしまおうと、大量に作りましたが

どうやら家族もお気に召したようで

お替り隊が続出。


ん~

朝の分がなくなっちゃうよ~

な、感じで楽しい食事となりました。



万次郎かぼちゃ、続きは明日。


  1. 2014/03/05(水) 09:20:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

炊き込みご飯~春菊~

お友達に炊き込みご飯をいただきました。

嬉しくって写真を撮らずに食べてしまったので写真はなしです。


その炊き込みご飯が激ウマでして

お替りしましたよぉ~。


その炊き込みご飯の上には生の春菊の葉先が散りばめてありました。

時々やってくる春菊の苦味がビミー★

クセになる~★


春菊=お鍋に入れる物

と勝手に春菊の使い方を決めつけていた私。


お恥ずかしい話ですが

こんな使い方があったんだ!と発見というか驚き。

勝手に野菜の活躍の場を狭めてしまってはいけないですね。



春菊について調べてみたらサラダ用のものもあるそうですが

サラダ用でないものを生で食べる場合には

やわらかい葉先をいただくそうです。


βカロテンの含有量が多いので老化やがん予防に効果が期待でき、

葉酸や鉄も豊富なので、貧血予防にもよいそうです。


ん~いいじゃないですか~。

今が旬の春菊。

私もこれから生の春菊を使ってみたいと思います!

ごちそうさまでした!


それにしても…

食べてしまったらなくなってしまうので、せめて写真をとっておけばよかったなぁ…。



  1. 2014/02/24(月) 08:55:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

島根県が生んだビタミン菜食べました。

今日は-4.3℃からのスタートです。



昨日のブログ記事に書いた

島根県がうんだビタミン菜を食べました。

4cmぐらいに切ってお味噌汁で。



白菜、大根、キャベツと同じくアブラナ科の野菜なので

お味噌汁にあわないわけがない!


味は、アカザ科のほうれん草とは大きく違い

見た目も同じアブラナ科のチンゲン菜に近いかな。

飯南町ではよく食される のらぼう菜の方が近いかな。

でも、のらぼう菜ほどは香りが強くない。


3束120円で購入しました。

ビタミン菜


葉は肉厚で、根元はチンゲン菜みたい。

お味噌汁には1束でも十分なボリュームです。


調理していると野沢菜にも似ている?と思わせるような

色々な顔を持つビタミン菜。


次はお浸しにしてみよっかな~。

本日も食に感謝です★



  1. 2014/02/20(木) 09:41:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ビタミン菜

昨日、農林産物直売所ぼたんの郷

ビタミン名を購入しました。


ビタミン菜は以前より気になっていたのですが

葉が濃い緑色なので苦そう、とか

苦そうだから調理しづらそう、と勝手に思い込んでいて購入せずにいました。

でもお店のスタッフさんに

「お浸しとかお味噌汁とかなんでもOKよ」と

使いやすい野菜だということを教えていただき購入!


帰ってビタミン菜について調べてみたところ

ビタミン菜は1954年に島根県農業試験場で育成されたんですって!

名前のとおりビタミンAの含有力が多いそうです。


ビタミンAは

発育を促進
肌の健康を維持
暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わる
のどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守る

など、たくさんの重要な役割を持っているそうで

のどや鼻などの…は今の季節にピッタリですね♪


島根県で生まれた野菜。

まだ調理はしていませんが、食べるのが楽しみです!


2014/02/19

2014/02/19 9:00




  1. 2014/02/19(水) 09:57:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。