チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お雑煮とお正月

前回、切り餅・丸餅について書きましたが、今度は『お雑煮』。


『お雑煮』は、地方によってスタイルが全然違います。

飯南町のお雑煮は、具なしで丸餅。

ということは、いりこ出汁・かつお出汁の中にお餅のみが入っているそうです。


関東の『お雑煮』は、削り節と鶏肉で出汁をとり、塩や酒、醤油で味をととのえます。

具材は、なるとや、かまぼこ、鶏肉、ホウレン草、三つ葉、ゆず、大根、人参、椎茸などなど。

と、切り餅を焼いてから、汁の中へ。


今まで、それが普通だと思っていたのですが、関東のお雑煮はずいぶん具が入っているようです。



我が家の場合は、削り節と、昆布と、鶏肉と、エビの頭

(お節料理で有頭エビを使うので、お雑煮用に多めに購入。その頭を使います。)

で出汁をとります。

そうすると香りが良いです!!


味つけは、塩・醤油・酒。

それで、人参・大根・椎茸・かまぼこ・ホウレン草・水菜(三つ葉の代わり)・エビの身を入れ

最後に、軽く焼いた切りもちを入れます。


それに、基本的なお節料理と

(煮豆・煮物・有頭エビ・かまぼこ・錦糸玉子・くりきんとん・ねじりこんにゃく等々)

あまった材料を使って、茶わん蒸しを作る。


それが、我が家流のお正月。

今年は、実家に帰省しないで飯南町でお正月を迎えることにしました。

1/1は、スカイプでカメラをつないで、実家に連絡しようと思います!


東京や神奈川のお正月は、田舎に帰省する人が多いので

車の台数が減り、渋滞も減り、空気は澄み、空がキレイで

とっても静かです。


この時期 東京タワーの展望台では、

窓の照明を利用して「2011」と今年の西暦が表示されていて、

新年を迎えると「2012」と新しい西暦にイルミネーションが変わります。

それを毎年、見ていました。


今年は、飯南町で新年を迎えます。

どんな年越しになるのでしょうか。

楽しみです!!


スポンサーサイト
  1. 2011/12/29(木) 10:07:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。