チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯南7勇者の出動。

大雪で一面真っ白になった飯南町。

前も後ろも道路も道路の脇の壁や山も、空も全部真っ白で

自分の居場所がわからなくなります。


道路を走っていても、今走っている場所が正しい場所なのか?

もしや対向車線にはみ出てるかも?側溝ぎりぎりを走ってるのか?


車をバックさせるとき、右のサイドミラーを見ても左のサイドミラーを見ても

何がなんだかわからない状態。

結局、目視が一番のようです。


そんな感じで、この冬 一番雪が降った2/2。


こんな場面に出くわしました。

「近くの道路で車が側溝に落ちてしまったので、男性陣は救出に行ってください」との声。

そうすると、事務所内にいた男性陣は、長靴をはいてスコップを持ち、帽子をかぶりました。

それは、消防隊員さんが出動するときのような すばやい身のこなし。

でも、彼らは消防隊員さんでもなく、普段はデスクにむかって仕事をしている男性陣。


人数が集まると

道具はある?牽引ロープ持ってます。スコップ持ちました!どの車で行く?4WD?

との言葉が飛びかい、救出に出発。


軽自動車の右側のタイヤが側溝に落ちていました。

道路と側溝の境が見えず、側溝にタイヤが落ちてしまいました。



近くにいたトラックの運転手さんも加わり、トラックでの救出作戦決行。


牽引ロープをつないだり、誰が軽自動車に乗り込むのか、誰がトラックの誘導をし

誰が軽自動車を押すのか 等々

それはそれは見事なチームプレイで、男性陣は配置につきました。


軽自動車とトラックを牽引ロープでつなげます。

牽引ロープをつなげます



トラックは、軽自動車を引っ張りながら前進。軽自動車は、バックします。

トラックは、全身。軽自動車は、バックでアクセルを踏みます



そして、人力も加わりました。

前からは、人力作戦で。


(ね。一面、真っ白)


牽引を始めて5分くらいで、軽自動車の救出作戦は完了。

すごい。


実は、この救出チームに指示を出していたのは、道の駅赤来高原の店長。

車には、牽引ロープやバッテリーをつなぐ線やら、色々な救出道具が入っているそうです。

トラックの誘導も慣れた感じ。雪の中も、颯爽とFF車で走り抜ける~。

以前、道の駅赤来高原公式blogで見たのですが、店長は除雪機も使いこなしていました。

男らしい!


困っていた軽自動車の運転手さんに変わり、そこを通りかかった人が救出を呼び、

パッと男性陣が集まり、救出に向かう。


私が以前住んでいたところで、もしそんなことが起きたなら

きっと多くの人が通り過ぎて行ったことでしょう。


飯南男子、素敵です☆


恒例の きのこテーブル。どんどん成長しています

きのこテーブル、成長中!



2012/02/02 8:30 赤名

2012/02/02 8:30 赤名





↓↓ あまり意味はないですが、今回出動した7人の勇者に拍手をお願いします!

  1. 2012/02/03(金) 09:02:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<節分に、こんにゃくとイワシを食べる? | ホーム | 積もっています。またまた発見!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/135-8cbe3869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。