チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペヤングから見る食文化

ペヤングソースやきそば。

そう、あの四角くて昔っからあった商品。

液体ソースで、あっさりとしたまろやかソース。


食べたことありますか??買ったことありますか??

今までの感覚で言うと、え?ないの??と思ってしまうのですが

こちらの方では、あまり見かけません。


即席麺を好んで食べるわけではないのですが

サバの時と同じく、「ない」となると欲しくなるのが人間。



それで調べてみたんです。「ペヤング」について。

・昭和50年に「まるか食品」より発売し、カップ焼きそばのロングセラー商品。

・「ペヤング」ブランドは「まるか食品」という会社名より、東日本の主力販売地域内では、
 非常に高い知名度を誇る。

・販売地域については、長らく静岡県から青森県までの東日本を中心に販売されてきたが
 平成20年、西日本地区での販路拡大を図っており、
 平成21年8月時点では在阪テレビ局でも「ペヤング」ブランドのテレビCMを見ることができ
 近畿地方でも販売範囲と知名度が拡大しつつある。

・平成22年からは、広島県内のスポット枠でテレビCMが放映される様になった。

ということらしい。


平成22年って、最近です!(驚)

それで、お店でペヤングをほとんど見かけないんですね。

子どものころからCMを見ていて、子どものころからずーーっとあって、

何度も食べたことのある「ペヤング」は、全国区だと思っていました。


そんな話を東京在住の実家の母にしたら、何日もたたないうちに

ペヤング18食入


18食で1ケース、箱ごと送られてきました!

大人買い~。

箱を開けたとたん、思わず笑ってしまいました。


極端すぎるけど、お母さんありがとう!!


ペヤングの他にも

お醤油やお味噌は、見たことのないブランドがあったり

塩が大きな袋で売られていたり、

お茶コーナー、ソースコーナーが大きかったりして、

食文化の差というものを時々感じます。


ソースコーナー、

このあたりでは、おたふくソースとカープソース(関東では売ってない)

がたくさん並んでいます。

しかも売り場面積が大きい。


ちなみに我が家のソースは、ブルドックソース。(これも定番だと思っていました)

とんかつソース(甘くない)とウスターソース(さらっとして辛口)があります。

たぶんですが、この辺の方(西日本?)はソースは甘いもの、

関東の人はソースは辛いものという考えを持っている思います。


あーゆに聞いたら、ブルドックソースを知らなかった!!(驚)

(検索をしたら…ブルドックソースは、東日本を中心に売っているらしい)

飯南町でもお好み焼きはよく食べるのかな??

我が家は、年1回も食べません。


大阪の家庭では、各家庭にたこやき器があると聞いたことがあります。

飯南町もそういうのってあるのでしょうか?

これからも色々、そういうネタが出てきそう。

なかなかオモシロイです。


2012/02/14 8:30 赤名

2012/02/14 8:30 赤名



きのこテーブル。もう きのこには見えなくなってきました。

きのこテーブル



  1. 2012/02/14(火) 08:38:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<チヨコのバレンタインは飯南町スタイル! | ホーム | 出雲市で飯南町発見>>

コメント

ペヤング

ペヤング。超大盛りなら雲南市のファミマにありますよ。長野出身のうちの嫁も見つけたら買ってますw
  1. 2012/02/14(火) 22:33:30 |
  2. URL |
  3. すてっぴ #-
  4. [ 編集 ]

すてっぴ様

コメントありがとうございます♪

超大盛りって、通常サイズのペヤング2つ分が1つに入っているアレを奥様が!?(驚)
我が家も見つけると「買わなきゃ!」って思ってしまい、
その時に食べたいわけではないのですが、まとめ買いをしてしまいます。

雲南市のファミマですね!検索してみます!
ありがとうございます☆
  1. 2012/02/15(水) 08:54:25 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

ぺヤング!!
大学時の友達(静岡出身)がぺヤングを買うためにわざわざ帰省していたのを思い出しました(笑)
その人にとってぺヤングはかなりのソウルフードだったみたいです。
飯南町にもご当地ジャンクフードみたいなのあればおもしろいのにな~と思います。
  1. 2012/02/17(金) 19:53:11 |
  2. URL |
  3. 森のホテルもりのすのまいティ #-
  4. [ 編集 ]

まいティ様

ペヤングに限らず、西日本では、甘味のある味付けが好まれるようですね。
ペヤングのように、辛みのあるソースは、あまり馴染みがないのでしょうか~。
お蕎麦などの汁も、関東では醤油が濃いです。
カップ麺でも、東日本と西日本では、味が違うと聞きます。
お醤油もお味噌も品揃えが違うのは、そういうところなんでしょうかね。

  1. 2012/02/20(月) 09:12:34 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/142-0e1a7ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。