チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うずら豆の甘煮

町内の産直市や食料品店では、町内で生産された豆類が多く販売されています。

その種類も様々。

今回は、『うずら豆』を購入しました。


『うずら豆』はいんげん豆の仲間で、見た目がうずらの卵のようだからそう命名されました。

ビタミンB1・B2・食物繊維が含まれ特にカルシウムが豊富で煮豆にしてもおいしいですし

甘煮でも、洋でも和でもいける優れものです。


豆料理は、いつものように時短レシピとはいかないので

時間がたっぷりある週末に調理しました。

私だって、丁寧な料理もするんですよ~。


【材料】

・うずら豆 300g
・水
・砂糖   170g~200gぐらい
・(水あめ  50g)
・塩    小さじ1/2

①豆を大き目のボールに入れて、たっぷりの水に一晩浸す。

たっぷりの水に一晩浸す
↓↓
一晩たつと、ふっくら



②①の水ごと鍋にうつし、煮る。

お鍋で煮る



③沸騰して10分くらい煮たら、一度湯を捨て軽く豆をすすぐ(アクが出るため)

④③を鍋に戻し、豆より2~3cm上になるように水をはり(だいたい500~600mlぐらい)
 砂糖と塩を加えて中火で煮る。

⑤沸騰したら、あとは弱火でひたすら煮る。

 ※急ぐあまりに中火にしては、いけません。煮豆は、弱火でコトコト煮ると煮崩れません。

⑥しばらくしたら、水あめを加える。

 ※水あめはなくてもOKです。水あめは、砂糖の結晶化を阻害する性質があるため、
  滑らかな口あたりを保ち、ツヤを出します。

⑦水がとんだら完成!

煮て煮て煮る



完成!



煮崩れもなく、ツヤも出てバッチリ。

お時間のあるときに、ゆっくり作ってみてください!!


2012/03/27 8:30 赤名

2012/03/27 8:30 赤名


26日に降った雪も、ほとんど溶けています。

今年度は、もう雪は降らなさそうです。

でも!4/1にまた雪マークがついています!!

タイヤをノーマルタイヤにもどすタイミングがわからない~。



追記:26日の記事↓↓『かぼちゃのお味噌汁』。
あーゆ家は、さつまいももお味噌汁に入れるそうです

  1. 2012/03/27(火) 08:58:21|
  2. 簡単レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラムネ銀泉 | ホーム | かぼちゃのお味噌汁!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/168-5735a4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。