チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラムネ銀泉

飯南町内には3つの温泉があります。

そのうちの一つ、『ラムネ銀泉』に行ってきました。

ラムネ銀泉



『ラムネ銀泉』は歴史ある温泉。

「太古の頃、大国主命が岩の間から湧出ずる霊泉を発見された」との言い伝えがあり

古くから土地の人々に利用されてきました。


鉱泉水に大量の炭酸ガスを含む炭酸泉。

動脈硬化・疲労回復・腰痛・肩こり・五十肩・慢性皮膚炎・胃腸病・心臓病、

私にはとてもうれしい冷え性・老廃物排除などに効果的。

「若返りの湯」「胃腸の湯」と呼ばれているそうです。

そして、弱酸性で、「美肌の湯」!


源泉かけ流しで、湯温度は38~40℃のぬるめの湯。


↓以下↓は個人的感想です。

ラムネ銀泉はぬるめの湯とのことで、最初からすんなり湯につかることができました。

でも、体感はぬるくありません。

すぐに顔が赤くなるくらい、あっというまに全身がポッポと温まりました。

足先も、内臓もあたたまる感じがしました。


ラムネ銀泉の湯の色は、毎日変わるそうですが

この日の温泉の色は「イエローゴールド」。

温泉なので硫黄の香りがするのかと思ったら、鉄のにおいのような独特な香りがしました。


冷え性の私ですが、入浴後も足先は冷えることなく靴下いらず。

とても気持ちのいい温泉でした。


フロント脇のスペースには売店があり、お土産物のほか

ラムネ銀泉名物「頓原の銀泉」(ラムネ)が販売されていて、もちろんいただきました~。

ラムネ源泉名物 「頓原の銀泉」(ラムネ)



他には

源泉


源泉も。よくばって こちらも少しいただきました。微炭酸!


入浴料:大人500円(小・中学生250円)

家族風呂 60分/2,000円~(要予約)

湯治に最適「ラムネの宿」(要予約)素泊まり3,800円(食事は別途予約)

入浴中に、愛犬を一時預けておけるサークルが外に設置されてまいます!(無人)

整体・ヒーリング 癒し処「KAITO」ブログ

ラムネ銀泉食堂も併設。


そのほか詳細は、頓原ラムネ銀泉ホームページで、ご確認ください!


【頓原天然炭酸温泉 ラムネ銀泉】ホームページ

〒690-3207 島根県飯石郡飯南町頓原1070番地
電話:0854-72-0880

営業時間:11時~20時
定休日:毎月第1・第3木曜日


***

飯南町内その他2施設の温泉

【加田の湯】ホームページ

〒690-3401 島根県飯石郡飯南町下来島707番地2
電話:0854-76-3357


【琴引ビレッジ山荘 光明神々温泉】ホームページ

〒690-3204 島根県飯石郡飯南町佐見1199-3
電話:0854-72-1035



温泉、はまりそうです!あと2施設も行ってみたいと思います!!

  1. 2012/03/28(水) 09:58:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飯南町の桜事情 | ホーム | うずら豆の甘煮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/171-c4b2b5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。