チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

里いも

産直市で「里いも」を購入しました。

今まで、我が家では年に1度ぐらいしか里いも料理をしませんでした。

その理由は、我が家には里いも嫌いの家族がいるから。

里いもが嫌いな理由は「泥くさいから、ねちょねちょ・ドロドロ感」だそうです。



ところが!!!

飯南町産の里いもは違うんです。


飯南町の里いも



新鮮だからなのか、高原育ちだからなのか理由はわかりませんが、泥くさくありません。

煮ても、ねちょねちょドロドロしません。

柔らかく煮えますが、ちゃんと食感が残ります。

皮を剥く段階で、その違いはハッキリわかります。


元々、飯南町で暮らしていらっしゃる方には、

泥くささ、ねちょねちょ・ドロドロ感は、わからないかもしれませんが

今まで我が家が食べてきた「里いも」は、たしかに、そんな感じがしました。


「里いも」は、イモ類の中では低エネルギーで、里芋に含まれるガラクタンとムチンは

整調作用があり胃や腸の内壁を保護し、消化を促進します。

また、肝臓を強化する働きもあるため免疫力強化に役立ち、風邪をひきにくくするんだそうです。


なので、たくさんいただきたい食材ですが

いつも同じ味付けになってしまいませんか?

そこで、いつもとは違う里いものレシピを紹介します!!


【材料】バター風味里いもの煮物

・里いも   5~6個
・酒    大さじ1
・砂糖   大さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・みりん  大さじ2
・味噌   大さじ1.5
・バターまたはマーガリン 小さじ2
・煎りゴマ 少々


①里いもの皮をむき、食べやすい大きさに切り、水につける。

②耐熱容器に移して、ラップをかけて、電子レンジで5分ぐらい温める。

③お鍋に、里いもと、酒・砂糖・しょうゆ・みりん・味噌を入れ弱火で煮る。

 ※焦げやすいので、注意!

焦げないように煮る


④里いもに櫛をさして、すんなり通ったら、バターと煎りゴマを仕上げに入れて軽く混ぜたら完成!

完成!


里いもの粘りでゴマがうまくからみます。


よかったら、作ってみてください☆

  1. 2012/04/02(月) 09:00:01|
  2. 簡単レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自家製しいたけ | ホーム | 冬~春の飯南町満喫プラン(我が家流)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/173-65272667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。