チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤマトイモ 種芋切断・消毒作業講習会

4/18に「飯南町ヤマトイモ生産組合」主催の

『種芋切断・消毒作業講習会』に行ってきました。

場所は、ヤマトイモ倉庫。


ヤマトイモ倉庫にて



参加者の中心は、H24年度の新規生産者(13名)さんたちです。


組合長さんや飯南町役場の担当者が中心となり

ヤマトイモの種芋の切り方
どのくらいの大きさなのか
消毒の仕方
どの消毒薬を使うのか
何倍希釈
どのくらいの時間漬けるのか
畑の作り方やコツ
種芋の植えつけ方法
いつ植えるのか
天気は


等々、本当に丁寧に指導していきます。


代表して2名の方が種芋を実際に切ってみました

種芋の切り方、実践



「種芋もただ植えるのではなく、どうせやるなら些細なことだけれど
手をかけた方がいい。皆で、いいヤマトイモを作りましょう。」と

土の中何センチに、どんな向きで、どのくらいの間隔で 等々

毎年ヤマトイモを生産されてきた方が、実際に種芋を並べたりして

丁寧に、またなぜそうなのかを説明しながらアドバイスをされていました。


種芋の置き方



受講者の方々は、そのたびにペンを走らせ、

その場で質問をしたりして講習を受けていらっしゃいました。



消毒の方法も、「これで、消毒してください」というような簡単な指導ではなく

どこで手に入れることができるのか
消毒時に起こり得る失敗例
どうしたら、うまく消毒できるか


など、素人の私にもわかるぐらい丁寧に説明をされていました。



こうやって、飯南町の特産品「やまと芋」は、

生産者の方々が一つ一つ丁寧に育てられているのです。


3月の準備~11月の収穫・出荷まで、「飯南町ヤマトイモ生産組合」では

新規の生産者さんたちの指導を行います。


次の講習は6月。ネット張りなどの講習です。


次の講習の時には、新規生産者さんたちは、自分の畑のヤマトイモの生育状況などの

話題をもって参加されるのでしょうか♪


とても丁寧で、わかりやすい講習会でした。


***

講習を受講していた方の中には若い方もいらっしました☆

㈱ファーム木精の新卒採用の女子たちです。

お二人とお話しをさせていただいたのですが

「おいしい野菜を作ります!」
「早く作業ができるようになって、力になるよう頑張ります」

と頼もしい女子たち。


そんな若い人たちの活躍も楽しみです☆

***

軽トラ 軽トラ 軽トラ 軽トラ 軽トラ フロントガラスの向こうにも軽トラ


DSCF1621.jpg



さっすが飯南町!カッコイイ☆


2012/04/20 朝の頓原

2012/04/20 頓原





  1. 2012/04/20(金) 09:23:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花事情 | ホーム | 天然記念物 祝原の桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/188-f0a8d2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。