チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

干し野菜

今日は、今 私がはまっている干し野菜を紹介します!


「干し野菜」は、専門の料理本が出るなど話題となっているそうです。

野菜を干すことによって、栄養価があがるんですって。


身近な干し野菜といえば、切干大根。

生の大根よりも旨みが凝縮され、栄養価も高く保存もきく!

そして、大根をそのまま煮るより切干大根の方が味がしみますよね?

便利で美味しいってわけです。



干し野菜は、水分の多いモヤシとレタス以外の野菜なら何でもできるらしいです。



もちろん私も挑戦!


まずは、人参を細くカット。イメージは切干大根。

キュウリの場合は、中の種を取り除くといいらしいです。

それを干すだけなのですが、我が家には干す用のザル?カゴ?がないので

三角コーナー用のネットを使いました。(50枚入りで179円の安いやつ)


キュウリ干し




ザル?カゴ?のようには野菜を広げることはできませんが

口を輪ゴムで止めて洗濯物を干す感じで干せるので、

風で飛ばされることも鳥・獣に持って行かれることもありません。


ネットの中に切った野菜を入れて、干すこと何日間。(天気の悪い日は、室内干し)

カラカラに乾燥したら完成。

この方法でハーブもドライにしています。(上から、ジャーマンカモミール・セージ・人参)

完成


フリーズパックの中には、保存のため乾燥剤(シリカゲル)を入れています。


人参は、乾燥させると生で食べるよりも甘い!

キュウリはまだ干し途中ですので味は不明。


キャベツ・ナス・じゃがいも・トマト(種を取り除いた方がいいみたいです)

・大根・かぼちゃ・きのこ類もOK!

ちょっとだけお味噌汁に入れたいというときにも重宝します。


乾燥野菜は、煮物に使ったり、焼いて食べたり、使い方は色々。

天ぷらでは、揚げ時間が短縮されますが、乾燥したままですとちょっと歯ごたえがあるので

半干しのシットリ状態のものを揚げるとイイかもしれません。



「野菜が安かった」「野菜がたくさん収穫できた」というときにもオススメ。


我が家では、愛犬のオヤツがわりにもなっています。

また、それをフードプロセッサーにかけるか、ゴマすり器でゴリゴリすればパウダーになるので

手作りお菓子に使ったり、ふりかけにしたり、愛犬のご飯の調味料がわりに使えます。



乾燥させたものを長期保存するためには

①完全に乾燥させる②シリカゲルなどの乾燥剤を一緒に入れる

がポイントです。


作る楽しみと、食べる楽しみ♪

飯南町には、美味しいお野菜がたくさんあります。

もちろん、そのままいただくのも美味しいのですが

「使いたいときに好きな量を使える」という便利なお野菜もいいですよ~。


食べきれずに、残っている野菜があったら挑戦してみてください!!

  1. 2012/06/18(月) 09:17:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<癒しを求めて | ホーム | 微妙な天気>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/225-f722dc4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。