チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブト

飯南町に引っ越してきて、初めて『ブト』(別名:ブユ)という虫を知りました。

ブトはきれいな水が流れるところに生息するそうで、

それで飯南町にはたくさんいるわけで…。



都心では、ヤブカ属の中のシマカという蚊がたくさんいます。

あの、足がシマシマの蚊です。

私は蚊に刺されやすい体質なので、バス停で5分もバスを待っていれば

すぐにシマカが群がってきて、あっという間に5か所ぐらいは刺されます。

飯南町でも見かけますが、そんなに数はいません。気にならないぐらいです。

逆に、都心でブトは見かけません。


ブトに刺されるとどうなるか…。

飯南町にお住まいの方は、みなさんご存知だと思いますが、

とにかく腫れて、とにかく痛痒い、そして患部は熱をもつ。


足首に刺されると、場合によっては歩けなくなるぐらい最強らしい。

アレルギーを持っている人は、特に症状がひどく出るらしいので注意が必要。


やっかいなのが、そこらへんにたくさんいること。

ハエよりも小さく、蚊に似ていて気づかないことも多い。

そして、靴下の上からでも吸血すること。



刺されたときは、大したことがなくてもあとからどんどん腫れてくる…特に翌日。

その時に蚊かな?と思っても、そのあと刺し口から血が流れていたら、ブトの可能性大。

飯南町では、蚊に刺されるよりも、ブトに刺される方が多い。


そしたら、市販の虫刺されの薬ではなくステロイドが入った塗り薬とか、

抗ヒスタミンの薬とかを塗った方がいいそうです。そして、患部を冷やす。



なぜ、今日はそんなことを書いているのかと言いますと…

先週の金曜日、仕事中にブトに刺されました。

「噛まれた」のが正しい表現かもしれません。


その場所は、顎!

顎に1円玉サイズの赤い腫れものが…。

口を動かすたびに刺激となって、痒い!

目立つし…。

今日で5日目なのに、治る兆しはナシ。


顎に1円玉サイズの腫れがある人を見かけたら、それは私です。

その際は、ぜひ声をかけてくださいね☆


~ブト対策~

虫よけはあまり役にたたない。

長そで、長ズボンを着ていても、薄手のものだったらその上から刺してくる。


では…

ハッカ油でブト除けスプレーを作るといいらしいです。

ハッカ油を精製水で薄めるだけ。

油なので、水に溶けませんので気になる方は無水エタノールや消毒用エタノールや

グリセリンで溶かしてから精製水で薄めましょう。



我が家には、ハッカ油はない(薬局で買える)→

ペパーミントの葉をドライにする→

ドライリーフをアルコール40度以上のウォッカや無水エタノールにつける→

ハッカチンキを作る→

精製水で薄める

に挑戦中!

  1. 2012/06/26(火) 09:14:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<収穫ざんまい | ホーム | 飯南町セラピーフェスタに行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/233-568fead0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。