チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

稲の作柄

2011年9月8日の朝のNHK(松江放送局)のニュースで

今年の稲の作柄は「平年並み」とのことでした。


5月下旬に日照不足の影響をうけたものの、その後、天候に恵まれたことから

「平年並み」と見込まれています。

稲の苗を育てる4月に気温が低く日照不足が続いたこともあって、

田植えの時期は、平年に比べ平均で2日遅れ。

また、水田に植えた苗が根付く5月下旬も気温が低く日照時間の影響を受けて

生育に遅れが見られ、茎の数は「少ない」とされています。

一方、7月に入ってからは、平年に比べて気温が高く暑い日が続き、

日照時間も十分だったことから、

全体の、もみの数は「平年並み」で、作柄も「平年並み」と見込まれています。

中国四国農政局島根農政事務所は、「5月下旬の気温が低く生育が心配されたが、

6月からは天候が回復したため、稲は平年並みに育っているとみられる」と話しています。


という内容のニュースでした。


先週、飯南町外に出かけたおり、

お隣の島根県出雲市や、広島県三次市では もう稲刈りが始まっていました。

我が家の前にも稲を植えた田んぼがありますが、稲刈りはまだの様子。

一緒に出かけた方によると「飯南町は涼しいから」というお話でした。


9月5日にアップした写真では、稲はまだ黄緑色で風になびいていましたが

(飯南町内でも、場所や品種によって稲の生育具合は、異なると思いますが)


↓9月5日↓

20110905朝の飯南町


今朝の稲はこんな感じ。

20110909田んぼ

天気が違うので、写真の明るさが異なり色の差は、わかりづらいかもしれませんが

アップにすると・・・


20110909稲


ずっしり。

9月5日のようにソヨソヨ~と風になびく感じではなくなってきています。


↓左右が稲です↓

左右が稲。中央が道。



私は、初めて目の前で見る「稲穂」です。

いつ刈り時なのか わからないので

毎日「今日かな?」と稲が刈られるのを楽しみに待っています。



自然から季節の変化を感じることができる飯南町。

緑の春から少し色が変わって、黄緑?黄色?の秋の色になりました。

秋の飯南町もとても美しいです。


  1. 2011/09/09(金) 09:30:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いただきもの | ホーム | ゴーヤのから揚げ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/28-395f4f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。