チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

調教指導 =Gyu・牛会=

赤名町民グラウンドに牛の姿を発見!


おーーー!牛が一列になって歩いてる!

おーーー!見事だ!


ということで、さっそく近づいて写真を撮らせていただきました。

この毛艶!

Gyu・牛会




一列になって歩いたあとは、止まれ。

次は、4頭一斉に左をむく。

そして、前進。

白線で止まる。

また前進。

白線で止まる。

Gyu・牛会



左にいた牛が右に異動しながら、反対向きに。

あと3頭も続く。

Gyu・牛会




一頭ずつに人がそれぞれつき

頭から鼻にかけてまわされた紐を軽く動かします。

Gyu・牛会



決して牛を引っ張ることなく、触れることもありません。


「シュー」と口で音をだしたり(たぶん何かの合図なのでしょう)

「すすめ」「頭あげて」など声で指示を出したりもしています。


牛は、その紐の振動と人の声を感じて、一歩一歩小さな歩幅で動きます。

スタスタではなく、丁寧に。

よく調教されていて、じっとしています。


驚きました。


この牛4頭は、

若い力で飯南町の畜産を盛り上げようと

町内で畜産に携わる若者が結成した組織「Gyu・牛会」が

手塩にかけて育てた和牛です。


7/27に行われた島根県の代表牛を決める「島根県最終選抜審査会」で

花形出品区とも言われる第7区(総合評価群)の種牛(4頭セット)の

代表牛として選抜されました。


5年に一度行われる「和牛のオリンピック」とも言うべき大会

第10回全国和牛能力共進会』(10/25~10/29・長崎県大会)に

各都道府県から選抜された代表牛が出品されるのですが、

それに出品する牛4頭なのでした。


この審査結果が、和牛ブランド化に大きく影響するんだそうです。

「Gyu・牛会」のみなさんと、牛たち頑張ってください!!



↓↓第10回全国和牛能力共進会 長崎県大会↓↓

第10回全国和牛能力共進会 長崎県大会


***


今朝6:30の飯南町赤名の気温は9度。

昨晩、ついに毛布を出しました。冬掛け+毛布=ぬくぬくで朝起きたくない

毎朝日課の窓開けも今日はせず。

あと2~3か月もすれば雪が降るのかな~。


***


追記

10/2(火)9時~12時 飯南町赤名町民グラウンドにて

飯南町での最後の調教指導会が行われるそうです。

声援にかけつけてもいいみたいです☆

詳しくは…CATV飯南局の文字放送をご確認ください!!


  1. 2012/09/27(木) 08:45:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うずらの卵風な物体 | ホーム | 新米をいただきました。玄米→白米>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/296-e8d121ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。