チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新米をいただきました。玄米→白米

今朝起きたら気温10℃。

えっ?と思っていたら、「島根県松江市・浜田市は夏日になるでしょう」と

天気予報が聞こえてきました。

今日の松江市・浜田市の予想最高気温は27℃。

お隣の広島県は30℃。


えっ、今飯南町は10℃だけど?

一人笑ってしまいましたょ。


ちなみに本日の飯南町の予想最高気温は23℃です。

テレビで放送する全国版の天気予報は参考になりませんな~。


***


先日、とある方にお米をいただきました。

しかも、とれたての新米☆

お米が大好きな我が家にとって、それはそれはとても嬉しいいただきもの。

町内の方には、いつも色々いただくことが多く

申し訳ないな、という気持ちと…感謝の気持ちと両方です。

ありがとうございます。



ジャ、ジャーン。一袋。

一袋


はい、今「ひとふくろ」と呼んだ方は、勉強不足です。

コチラ、2011.10.11の「単位」という記事で勉強しましょう♪

私は、飯南町に引っ越してきて勉強しましたよ~。

最初は知らなかったのですが…。


一袋(いったい)30kgです。

こんなにたくさんありがとうございます!!!


玄米

おぉぉぉ~
玄米のアップ


玄米。

玄米?

玄米!

はて…玄米って、どうすれば…。


そうなんです!

恥ずかしながら調理前の玄米をじっくり見るのは初めてなんです。

お米はいつもスーパーで精米されたものを買っていますので。


食卓に上がった玄米は見たこと、いただいたことはありますょ。




せっかくなので、

昔ながらの「一升瓶にもみや玄米をいれて棒で突いて精米する」ということも考えたのですが

早く食べたい私は、コイン精米機デビューすることにしました。


私が知っている飯南町内のコイン精米機は…

・JA雲南赤来支店とポプラの間のライスセンター内
・国道54号より中山間地域センター方面に曲がり、しばらく進んだところ
・飯南町佐見の琴引フォレストパークスキー場入口付近、「レンタルスキー遊」お隣
・道の駅とんばらの敷地内

ということで、道の駅とんばらの敷地内の「無人精米所」に行ってきました。

(9/26の朝時点、ライスセンター内の精米機は故障中でしたのでご利用の方はご注意ください)


コイン精米機



全体はこんな感じ。

全体と手順



コイン精米をしたことがない方もいらっしゃると思いますので、

精米方法を載せます。

精米慣れしている方、笑わないでくださいネ。



①お金を入れる。

この機械は、もみ(籾殻がついたもの。玄米の前段階)は禁止で、玄米のみ使用可能です。

玄米 10kgまで100円 / 20kgまで200円 / 30kgまで300円


②玄米を入れる。(2kgからOK)。扉は自動開閉します。

玄米投入!



③仕上がりを選ぶ

5分 / 7分 / 標準(もち) / 白米 / クリーン白米


④機械音がなり、精米開始。しばらくすると…

しばらくすると、出てくる


精米したては、あたたかい!

精米したては、あたたか~い



⑤白米を入れる袋をセットする。

袋をセット



⑥足元にあるペダルを踏む。
 踏むことによって、フタが開かれ白米が袋に落ちてくる。

ペダルを踏む



⑦できた!

白米に!


(せっかくのお米なのに、写真が影になってしまっていて申し訳ありません)

私にもできました!

白米が出てきました!

ホヤホヤ~


さてさてお米の保存方法ですが

玄米のままで「冷暗所」で保存するといいそうです。

ということで、今回精米したのは10kg。(体重計ではかりました☆)


とれたてのお米を食べる直前に精米し、稲が育った土地の水で炊く

それが一番おいしい、と聞いたことがあります。

な・なんとそれが実現できたのですね~♪


みずみずしく、もちもちで、甘くって、キラキラしていて美味しかったです。

幸せ☆



記念すべきコイン精米機デビュー。

今日も町内の方・食に感謝です。


  1. 2012/09/26(水) 08:49:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<調教指導 =Gyu・牛会= | ホーム | ヤマト農園さんのぶどう>>

コメント

精米した後

いよいよ新米の季節ですね。
間違っているかもしれませんが、米穀年度は11月かららしいので、今、新米を食すことを早食いと言うみたいですよ。
知っておられるかもしれませんが、農家にある昔ながらの精米機で精米するときはゆっくり精米するために時間はかかるものの、米に熱をあまり持ちません。コイン精米機で精米すると、出来立ては熱いくらいでしょう。
とりあえず、袋で持ち帰った後そのままにしてしまったら、その熱でせっかくのおいしいお米が蒸れて劣化してしまいますよ。
もって帰ったら、大きな紙の上なんかにひろげて熱を取ってからまた袋に戻すと言う作業をした方が良いでしょう。
今の飯南町の気温なら、一晩置いておけば扇風機を使わずとも冷めるでしょう。
また、精米機の横から出るぬかで、ぬかづけ作りや春には筍を湯がいたり、挑戦してみてください。
  1. 2012/09/26(水) 23:44:45 |
  2. URL |
  3. aki #gwcxlfK6
  4. [ 編集 ]

aki 様

コメントをありがとうございます。
あらっ「早食い」ですか。
早食いというとしてはいけないイメージがありますが、
何だか新米の早食いはお得感を感じてしまいます。

ご想像のとおり、私はお米を袋から出して広げることなく、そのまま夜まで置いておきました。
米びつにうつす時には、もう冷えていましたが、せっかくのお米がもったいなかったですね。
しかも入れていたのは、紙でなくビニール袋…。
次回は、しっかり冷やしてみようと思います!!

「ぬか」も欲しかったのですが、私が使ったコイン精米機は、ぬかが回収されるタイプでしたので
ぬか漬けはあきらめました。
精米機にも色々種類があるみたいですね。

初めてのことだらけで、?と思うことももまだまだ多いですが、
皆さんに教えていただいたり、コメントをいただいたりして
日々、勉強させていただきながら生活をしています。
akiさんもコメントをありがとうございます!
また次回の精米が楽しみになりました♪
  1. 2012/09/27(木) 09:03:49 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/297-581edfd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。