チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前・屋号

飯南町には、同じ姓の方がたくさんいらっしゃいます。

たとえば

1位 藤原(ふじら。ふじわらではない)
2位 景山
3位 安部(阿部ではない)
4位 三島
5位 高橋
6位 那須
7位 田部
8位 後長
9位 松田
10位 奥野
11位 難波

コチラを参照-電話帳に掲載されているランキング-)

こうしてみると、飯南町在住の方であれば

それぞれの姓に何人かの顔が思い浮かぶのではないでしょうか。

飯南町に引っ越してきて1年7ヶ月の私も8位の後長さん以外は

町内の方の顔が思い浮かびます。

それぐらいたくさんいらっしゃいます。


1位の藤原さんは、ふじらと読みます。

関東では、ふじらですね。

私の姓は、日本全国ではかなり数が多いとされている姓です。

でも飯南町内では、我が家だけ?

同じ漢字の方はいらっしゃっても、ふじはら・ふじわらと同じように読みが違うのです。


人口5500人前後の町で、同じ姓の方が多いということは…

混乱しますね。

それで、飯南町では下の名前で呼ぶことが多いように思います。


以前に勤めていた会社では、下の名前やあだ名で呼ぶことは禁止されていました。

なので、「○○ちゃん」と下の名前で呼び合っていたり

別の会社の人でも「藤原○○さんね」と

フルネームで人の名前を覚えていたりするのには驚きました。


相手によっては性別に関係なく、下の名前で敬称なく呼んだりもします。

飯南町にながくお住まいの方は慣れているかもしれませんが

いまだに私はその習慣に慣れることができません。

私の中では、呼び捨てにできる異性は、彼氏または夫限定です。

仮に仲がいい人だったとしても、男性を下の名前で呼び捨てにはできませんな~。


もちろん、以前に暮らしていたところでは

仕事で姓がかぶっている時などは

敬称付きで下の名前で呼ばれるこはありましたょ。



また飯南町では場合によっては、屋号も使われます。

飯南町の屋号については、(詳しくは、おさむしさんの記事


「屋号」は、私の中では歴史の教科書の時代といいましょうか

これも馴染みがありません。


先日、姓ではなく別の名前で電話をかけている方がいらっしゃいました。

あれ?姓が2つある?と思ったら屋号でした。

相手と場合によっては、フルネームで伝えるより

屋号を伝えた方が伝わりやすいときもあるようです。


日本の古き文化が残る飯南町。

教科書の世界が(?)ココにあります。


※藤原さんが多く登場しましたが、一番多い姓を仮に使わせていただきました。
 掲載したお名前は、個人を特定しているわけではありません。


  1. 2012/11/12(月) 09:05:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<美肌県ランキング1位 | ホーム | クリスマスケーキの予約>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/18(日) 00:15:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメントM氏 様

コメントをありがとうございます。
M氏さんの屋号、読み方も書いていただいたので大丈夫ですが、それがないと読むことすらできませんでした。
本日の記事にも書きましたが、屋号なのか姓なのか地区名なのか…その違いもわかりません。
歴史・文化が残る飯南町での田舎暮らしは、頭をやわらかくしないと対応できなさそうです。
もう定住して1年以上経ちましたが、まだわからないことだらけです…。
  1. 2012/11/19(月) 12:57:50 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/323-15037baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。