チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤穴八幡宮~はやしこ奉納~

11/1は、赤名地区のはやしこ奉納がありました。

上赤名組、赤名町組、下赤名組の3組がそれぞれ出発し、

太鼓や笛を鳴らしながら、赤穴八幡宮に集まって行きます。

3組が集まりますので、それはそれは見ものです。


赤名八幡宮はやしこ奉納

赤名八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


~番外編~

赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納


赤穴八幡宮はやしこ奉納

ゴツッ(笑)


笛の音が聞こえると、テンションがあがる飯南町民。

秋の例大祭の日は、仕事は休暇をとって参加します。

学生さんは、1時間目は授業を受けて早退。

でも、それはちゃんと届けを出していれば公休扱いです。


日本の古き文化が大切に継承されています。

文化が生きています。


その他の秋のお祭りの日程は⇒コチラでご確認ください。


  1. 2012/11/02(金) 08:47:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<いよいよ おおづめ | ホーム | セイタカアワダチソウ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/03(土) 01:47:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/03(土) 10:16:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

懐かしい

うわ~、懐かしい。
この「はやしこ」見ると、出身者としては血が騒ぎますね。
リズムとか動きとか忘れないものです。

昔は、下赤名、赤名、上赤名の3年に1回の持ち回りだったので、3地区合同になったと聞いたときは、人減っちゃったな…と寂しく感じたものですが写真をみると、一所懸命な子どもに酔っ払う大人の行列は昔とあまりかわっていないので安心します。

それにしても、この祭りの時の「公休」扱いは、めちゃくちゃ得した嬉しい気持ちになったな~。
  1. 2012/11/04(日) 10:35:31 |
  2. URL |
  3. も☆ち #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメントM氏 様

コメントありがとうございます♪
昨年はいらしたのですね!
私は今年、初めて参加(参加者の付き添い)します。
地元の皆さんが経験のないIターン者を引っ張ってくださり、なんとか参加できそうです。

スケジュール的にハードでしたが、今はすごく楽しみにしています。
練習を通して、地域の方々との交流も持てました。
なんだかワクワクします!
  1. 2012/11/05(月) 12:55:54 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメント r様

コメントありがとう!!

赤穴(!)八幡宮のお祭りには圧倒されました!
鮮やかで、たくさんの人が集ってきていて、ワクワク☆
お宮につながるアノ坂を上っていくところが何とも言えない!
地区によって、なんとなく衣装も音色も違うんだね。

私の地区のもまもなくです!
楽しみだよ~。

「赤名リカ」世代がわかるよ~(笑)
「赤名リカ」は、飯南町出身の設定なのかな????
イントネーションが違うから、違うかなっ。

ご指摘ありがとう!!
でも、クセがついていて意識しないと直せないカモw
一日10回唱えてから寝ることにしよう。
  1. 2012/11/05(月) 13:01:15 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

も☆ち 様

コメントありがとうございます!

赤名の方は、3地区合同になったので毎年参加されているようです。
なので、200人ぐらいの参加者がいるのではないでしょうか。
大所帯で、迫力アリです!

Uターンで飯南町に戻って来られた方と一緒に赤穴八幡宮に行ってきましたが
彼女も小学生の時に参加して依頼だったようですが、テンションアップしてましたよ~。
身体にしみついているんですね☆

私は時々、鼻歌で歌っているときがあるのでだいぶ浸みついてきたということでしょうか。
本番が楽しみです!
  1. 2012/11/05(月) 13:05:50 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/11(日) 21:05:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメント H.K様

コメントをありがとうございます。
先日は、遠くからありがとうございました。

「党屋」についてインターネットで検索してみました。
深くは調べていませんが一般的には「頭屋」「頭家」「当家」「当屋」等と表すことが多いようです。
地域によっては「陶舎」とするところもあり、
そこでは当番にあたった「陶舎」が、「祭典に使用する陶器を神社に納めていたから」とその漢字になった意味があるようです。
由來八幡宮での「党屋」の漢字の意味まではわかりませんでしたが
きっとそうなったのには意味があるのかもしれませんね。
  1. 2012/11/12(月) 09:32:53 |
  2. URL |
  3. イイナンチヨコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/324-23b9b943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。