チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はやしこ準備

はやしこで準備したもの

頭にかぶる「かさ」

かさ


お花紙で作ったお花を7つ。

縦に3つ。左右に2こずつ。針金で固定。

かさの中の頭頂部は、「かさ」が安定するように小さなクッションをつけます。

私は、古着をチョキチョキして1辺15cmぐらいの小さな座布団みたいなのを作りました。

綿は昔使っていたクッションの中身(笑)


衣装は、浴衣。

浴衣に「たくり」と呼ばれる「たすき」を結びますが、その結び方が難しい!


地区によって、もしかしたら結び方が違うかもしれませんが

忘れないように、記録を兼ねて載せておきます。


まず、新聞紙で芯を作ります。

たくり 2面分を縦に

たくり 半分に

たくり 半分に

たくり 3分の1

たくり 3分の1


これを2つ作り、それぞれ黄色と赤色の布で包んで使います。


折り紙で練習。

たくり

たくり

たくり

たくり

たくり

たくり



これをたくりで折ってみると↓

たくり




でも、これで終わりじゃない…。

ここからがもっと難しい!

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ

たくりを結ぶ


※2012/11/09 画像を再編集したため、④~⑪はたくりではなく通常の帯を代用しています。


地区によって、毎年参加のところもあれば、

5年に一度参加(助っ人時をのぞく)するところもあります。

私のところは、5年に一度です。忘れてしまう可能性大。

だからブログに書いておけば大丈夫!


でも当日は、ブログを見ながらたくりを結わけないから心配だな~。


今年の由來八幡宮(11/7)のはやしこ奉納では

50年ぶりに復活する楽うち(※)が2曲あります。

こちらの党屋祭行事は島根県の無形民俗文化財に指定されています。(詳しくはコチラ

毎年、多くのカメラマンも集まるとか。


平日ですが、ぜひお越しください。


※「楽うち」は、「楽打ち」と書き、「がくうち」と読みます。
五穀豊穣・家内安全を願って、太鼓や鉦(しょう)を打ちながら舞う太鼓踊りです。
地域によって、「楽打ち」「頭打ち」「楽踊り」「太鼓踊り」など呼び名が違うそうです。


  1. 2012/11/05(月) 11:59:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秘密基地『T』 | ホーム | いよいよ おおづめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/327-1f65bc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。