チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小学校にて

だいぶ前のことですが、

飯南町立頓原小学校で「親子活動」というものがあるということで

出かけてきました。


年に1度、保護者が企画をして

学年ごとに児童と活動をする、というものだそうです。


たとえば、給食試食会だったり、ソーセージ作りだったり。

今回お邪魔したのは、3年生の「盲導犬」のお勉強でした。


浜田市にある「島根あさひ訓練センター」よりスタッフ1名と盲導犬PR犬のネイラちゃんが来校。


↓盲導犬ユーザーがその場を離れても、その場でじっとユーザーを見守っています
盲導犬ユーザーから目を離さない 

↓ユーザーを見つめコマンド(指示)をまっています

コマンドを待つネイラちゃん 


↓障害物をよけて歩くだけでなく、よけた後は元の軌道に戻ります
障害物をよけても、元の軌道に修正する


この「親子活動」では盲導犬の勉強だけではなく、

通路に障害物を置き、目をつぶり、実際に白杖を持って歩行してみたりして、

目の不自由な方がどのように生活を送っているのかを体験しました。


子どもたちからは、「目が見えないと歩くのも怖い。見えない人の気持ちがよくわかったので、
見かけたら僕にできることをしたいと思います」等の感想が出ていました。


今回3年生が「盲導犬」の勉強をしたのは、

ちょうど2学期の国語の教科書に「盲導犬の訓練」というお話があり、

その単元学習も兼ねて、 深く勉強したい、との保護者の配慮からでした。


飯南町の小学生は、学校と保護者とが協力し合って子どもたちを育てています。

児童数が少ない飯南町だからできる?のかもしれませんが

子どもたちが色々な経験をして、育っていくというのは、とても素晴らしいことだと思います。


公益財団法人日本盲導犬協会ホームページ⇒コチラ

中国・四国エリア初盲導犬育成施設 島根あさひ訓練センター⇒コチラ




  1. 2011/10/14(金) 08:49:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さつまいものチーズ焼き | ホーム | 方言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/48-9030a0a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。