チヨコの飯南町発見記~飯南町公認ブログ~

2011年4月『島根県飯石郡飯南町』にIターンをしたチヨコがつづる飯南町公認ブログ。 東京で育ち、草を刈った経験も、葉がついたままの人参さえも見たことがなかったチヨコの発見の日々を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒くて長い飯南町の冬も楽しく温かく乗り切る2

昨日に引き続き

我が家流 寒くて長い飯南町の冬を楽しく温かく乗り切る方法第2弾。



寒いときは…

湯豆腐がいい、毎日でもいい、カロリー低いし

という意見があった我が家では

ちょっと前までは、しょっちゅう湯豆腐を夕飯の一品にしていました。

でも…

湯豆腐をするとかなり豆腐を消費するので

しょっちゅう買いに行かなければなりません。

島根県はガソリン代が高いですし、雪が降っていると車を出すのも面倒…。



ということで

最近、豆腐を作るようになりました。

それが我が家のブーム。

我が家の豆腐

茶碗蒸しのように湯呑みで作っています。


【材料】

・豆乳(成分無調整で大豆固形成分10%以上のもの)200ml
・にがり(我が家が使っているのでは2cc。ティスプーン1杯)
 ※使用するにがりによって異なります。

これだけ。


①耐熱の器に豆乳を入れ、静かににがりを入れます。

②ゆっくりと丁寧に混ぜます。
 泡が立ってしまったら、取り除きます。
 画像のように湯呑み4杯分を作るには材料は倍量です。
 湯のみに入れる場合は、一度別の容器で混ぜてから湯呑みへ。

③(フタをして)蒸し器で弱火~中火で10分。その後火をとめて15分~20分蒸らします。

④表面の水分をすくい捨てて、完成!


もっと簡単に作るには蒸し器ではなくて

器に軽くラップをかけて電子レンジ600Wで140~150秒かけて

その後10分程度レンジに入れたまま休ませておいてもできます。

でも表面にでる水分が多かったり

かたまらずに失敗する確率が高いので

私は蒸し器を利用して100%成功する方法をとっています。


お好みの薬味をトッピングしてしょうゆをかけて

おぼろ豆腐なのでスプーンですくっていただきます。

生姜とかネギとか♪



!注意!
★豆乳は大豆固形成分が8%でもできますが、とっても緩い豆腐ができます。
★「豆腐もできる」と書いてあるものを使用すると良いです。
★成分無調整豆乳を使用する。
★にがりの量は、にがりによって異なりますので量を調整してください。
 ちなみに我が家で使っているのは㈱白松の「浜御塩の海水にがり」です。



そんな感じで、我が家では毎晩のようにおぼろ豆腐を食べています。

混ぜて蒸して放置するだけですので簡単です!


***


2014/01/10 8:30

2014/01/10 8:30

2014/01/10 8:30


今日の雪は

ゴリゴリに車に凍りついていて、ふわっと落とせる雪ではありません。

ワイパーも窓ガラスに張り付くぐらいの雪です。

朝から国道・県道は除雪が入っていますが凍結していますので

お気をつけください。



  1. 2014/01/10(金) 08:56:12|
  2. 簡単レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<霜取り運転 | ホーム | 寒くて長い飯南町の冬も楽しく温かく乗り切る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinanchiyoko.blog.fc2.com/tb.php/590-033c1e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。